So-net無料ブログ作成
検索選択

情報社会の危険性について


 パソコンを扱う上で、特にインターネットを扱う上で特に脅威となるものはコンピュータウィルスである。ウィルスはパソコンを使用不能。もしくは、大切なデータの削除を行う。また、パソコンからパソコンへと感染を広めていくのである。これだけでも脅威であるが、こんなもの新しいパソコンに代えるか、バックアップを取っておけばいいだけである。ウィルスが脅威であるのは情報の漏洩にあると思う。

 ウィルスによる情報漏洩であるが、これはパソコン上に保存されているデータがインターネットを経由して外へもれていくことで起こる。「なんだ、パソコンに知られちゃいけない情報はないから大丈夫だ」と思ってはいけない。たしかに、パソコンに個人情報を保存しておくことは少ないと思うが、ネットで買い物や会員登録などで個人情報の入力はするだろう。その時のデータがパソコンの中に記録(入力されて個人情報を含め)されるのである。そして、それが外へ漏れ出すことで個人情報はどこの誰だか知らない人に知られてしまうのである。

 これ以外にも、あらかじめ目的のパソコンにウィルスを仕込んでおき、そのウィルスを使って他人のパソコンに忍び込む方法がある。これは情報の漏洩のほかに、更なるウィルスの仕込み・データ改竄をされて、深刻なエラーが起こってしまう。


 なぜこのようなものがあるかというと、なぜ犯罪が起こるのかと同じくらい分からないが、ウィルスを作ること自体は犯罪である。面白そうだからとか、誰かを困らせてやろう、復讐しようと考えて作ったのであろう。誰かが迷惑を受けるとしって、被害を受けるとしって作られたものである。

 このようなものに引っかからないためには、まず、ウィルス対策をしっかりしておくことが一番に大切である。簡単なことではあるが、取れる防御策の中で一番効果を発揮するのである。この他にも、怪しいサイトには入らない。変なフォルダを落とさない。不信なファイルを使わないことが大事である。ここまでして、万一ウィルスに入られた場合はあわてずに駆除ソフトを使うことである。

 また、このような情報社会に生きているのであるから、情報を鵜呑みにしないように。特に何かの所為にしているような情報は。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。